ERP  |  OA   |  CN   |  EN   |  JA   |  DE
貴方の現在の位置:トップページ >> 企業案内
  浙江九隆機械有限公司は一九九六年六月に創立された。会社は自動車部品を専門的に生産する企業である。会社は省のハイテック企業、玉環県汽摩協会の会員機関、浙江省品質協会の会員機関である。会社の敷地面積は70000平米以上があり、建築面積も10万平米に達している。会社は生産設備1000台/セット以上を持ち、従業員1000名以上を擁している。会社はそれぞれ各種技術者150名を擁している。内、高級エンジニア30名がいる。会社の技術力量が強く、設備が精良である。会社は、成熟な生産工程、先進的加工技術、完璧な検査方法を擁している。会社は管理の完全化を図ると共に、豊田の先進的技術と管理モデルを範囲広く勉強している。その結果、当社は国内数社自動車及びモーターメーカーの付属供給業者になった。

         企業ビジョン
         自動車部品業界の模範企業になるように取り組んでいる。従業員と共に前を進み、各社との共栄、社会との共栄を実現する。
         企業使命
         ベストの自動車部品解決方案を顧客に提供する。
         企業の核心的価値観
         誠実謙虚、実務創新、顧客満足、融合共生。
         1996年06月
         葉藝龍総経理は玉環九隆機械有限公司を創建し、高強度ボルトを開発
            し、。一汽ハルビン軽型自動車に部品を提供し始めた;
         1997年04月
         会社の高強度ボルト製品は一汽大連ディーゼルエンジン工場の調達シ
           ステムに入った。
         2001年
         会社は迅速に発展し、“玉環県星級企業”の称号を獲得した。
          会社は創業して以来、“人本主義、求実創新”の宗旨を継承し、“科技進歩、品質勝取り”の経営理念を終始一貫に堅持している。持続に努力を払い、創新が得意な九隆人は、九隆公司を中国EGRバルブ、コントロールアーム部品のリーディングカンパニー作りを目標に位置づけ、持続に追求している。
          製品の品質等級を保障するため、会社は内部管理強化し、2007年にISO/TS16949:2002自動車業界の品質管理システム認証を取得した。その同時に、会社は2010年の1月にISO/TS1400、ISO18000システムの審査認証に合格した。