ERP  |  OA   |  CN   |  EN   |  JA   |  DE
貴方の現在の位置:トップページ >> 企業案内 >> 沿革と歴史
  • HISTORY
  • 沿革と歴史

1996年

   葉藝龍総経理は玉環九隆機械有限公司を創建し、高強度ボルトを開発し、
    一汽ハルビン軽型自動車に部品を提供し始めた。

1997年

   会社の高強度ボルト製品は一汽大連ディーゼルエンジン工場の調達
    システムに入った。

2001年

   会社は迅速に発展し、“玉環県星級企業”の称号を獲得した。

2002年

   企業発展上の必要で、社名を“浙江九隆機械有限公司”に改名した。    会社整体を九隆一期新しい標準化工場に引っ越した。それに、
    会社は巨資を掛け国内と海外先進的生産設備を
    導入し、技術改造を行い、生産管理の最適化を図り始めた。
   、一汽集団大連ディーゼルエンジン工場“A級供給業者”の称号を獲得した。

2003年

   日本トヨタ公司の考課に合格し、日本トヨタの調達システムに入った。   会社の自動車コントロールアームシリーズ部品は玉柴股份(広西玉柴
    発動機股份有限公司)調達システムに入った。;
   浙江九隆機械有限公司はドイツ一汽車(大連)ディーゼルエンジ
    ン有限公司の調達システムに入った。

2004年

   完全子会社“九隆(玉環)自動車販売有限公司”は成立され、自動車貿
    易の業界に進出した。

2005年

   技術改造に力を入れ、一汽豊田(長春)発動機有限公司の考課を取得し
    、一汽豊田(長春)発動機有限公司の調達システムに入った.
   一汽集団ハルビン軽型自動車工場“優秀供給業者”の称号を獲得した。

2006年

   浙江順隆鋼管販売有限公司を創建し、物流生産、貿易及び
    加工業界に正式に進出した。
   浙江九隆機械有限公司は一汽集団大連ディーゼルエンジン工
    場の“提携優勝賞”に入賞した。
   浙江九隆機械有限公司は一汽集団ハルビン軽型自動車工場の“特殊
    貢献賞”に入賞した。

2007年

   EGRバルブシリーズ製品は成功に開発され、市場導入後、省ハイテク企
    業の称号獲得した。
   浙江九隆機械有限公司はドイツ一汽(大連)ディーゼルエンジン有限公司の
    “提携優勝賞”に入賞した。
   ISO/TS16949:2002自動車業界の品質管理システム認証を取得した。

2008年

   浙江九隆機械有限公司はドイツ一汽(大連)ディーゼルエンジン有限公
    司“優秀供給業者”
    の称号を獲得した。
   県“百強企業”、“優秀納税会社”の称号を連続に獲得した。

2009年

   浙江九隆電気有限公司が成立され、主要製品の自動車線束シリーズ
    製品を生産し、自動車電機応用業界に正式に進出した。
   浙江九隆機械有限公司はグローバル輸出入協会“中国ベスト供給業者”の称
    号を獲得した。

2011年

   九隆二期標準化工場は正式にキックオフした。    玉環県玉龍企業の称号を獲得した。    会社葉藝龍董事長は優秀企業家の称号を獲得し、玉環県15回人
    大代表に当選された。
   技術改造に力を入れ、一汽豊田天津自動車発動機有
    限公司の考課に合格し、一汽豊田天津自動車発動機
    有限公司の調達システムに入った。